日帰りがお得! 龍宮城スパホテル三日月

プール

関東人には「ゆったりたっぷりの~んびり♪」のCMでお馴染みの龍宮城スパホテル三日月に行ってきました。

龍宮城スパホテル三日月とは?

関東人には「ゆったりたっぷりの~んびり♪」のCMでおなじみのスパホテル三日月
スパホテル三日月は勝浦、鴨川、鬼怒川など数か所ありますが、一番規模が大きいのは木更津にある竜宮城スパホテル三日月ではないでしょうか。
黄金風呂や多様な種類のプールが有名です。
木更津なら海ほたるを経由すれば我が家から日帰りで行ける距離のようなので、まずは日帰りで!と車で行ってきました。

三日月に向かって出発!アクセス

龍宮城スパホテル三日月の営業時間は10:00~23:00。(2019年7月時点)
途中海ほたるにも寄っていけるようにと6:30に出発しました。
しかし、休日だからか川崎浮島から海ほたるまではノロノロ運転。
8時前くらいに海ほたるに到着しました。
海ほたるは9:30頃に出発し、10:00前に龍宮城に到着しました。
日帰り利用は駐車場5時間無料。その後は1時間300円です。
駐車場は広く到着時はそんなに混んでる感じはありませんでした。

電車の場合は木更津駅から、バスの場合は金田バスターミナルや袖ケ浦バスターミナルから無料送迎バスが出ています。
各バスターミナルは首都圏行きの高速バスが出ていますので、アクセスも便利です。

受付

入場前にはクーポンをゲットしておきました。
さて、受付を…と思ったら受付は長蛇の列!
ロビーには受付が終わるのを待っている子供たちでいっぱい。
我が家もパパに列に並んでもらい子供たちと施設の案内を見たり、浮き輪を準備したりしながら待ちました。
受付を済ませると館内着を受け取り更衣室へ。
子供2人を着替えさせプールに出ると11:00になっていました。

プール

プールは種類がたくさんあります!まずは室内のプールから入る事にしました。

龍宮城スパホテル三日月
出展:龍宮城スパホテル三日月HP

外回りは流れるプール。ところどころのくぼみにジャグジーがありました。
スライダーもあります。スライダーは結構高いところにあるので子供たちは怖がって滑りませんでしたがパパが一人で楽しんでいました。大人もたくさん並んでいました。

ryugujyo sotopu-ru
出展:龍宮城スパホテル三日月HP

外のプールは温かいお湯のところと普通の水のプールのところとありました。
手前の2つの四角いプールは水のプールです。画像の通り、富士山や海ほたるが見えました。
奥のプールはあったかいお湯のプールで流れたりもできました。
途中にジャグジーもあったり、楽しめました。

ryugujyo nagarerupu-ru
出展:龍宮城スパホテル三日月HP

三日月さんは新しく出来た富士見亭という新しい宿泊棟もあります。
その正面に新しい流れるプールができていました。
こちらの流れるプールはなぜか水が濁っていました…。
奥の広くなっているところは少し浅くなっていて上がれるところがあり、子供はぱちゃぱちゃ水遊びを楽しんでいました。

お昼ごはん

実は我が家はお昼ごはんを食べ損ねました。
子供たちがプールに夢中になってしまい、ご飯よりも遊びたい!とご飯に誘ってもまったく乗って来ず…。
プールサイドには軽食が売っていたのでそこでトウモロコシやヤキソバを食べました。
三日月さん的にOKかわかりませんがおにぎりを持参している人や、プールサイドにシートや椅子、テントを広げている方々もいました。
いったん水着から館内着に着替えないといけませんが、お祭りランドには軽食屋さんや、
本館ではランチバイキングもあります。個人的にはそちらでご飯をゆっくり食べたかったです。(2022年3月時点・ランチバイキング休業中)

お風呂

プールにも疲れたころにお風呂へ移動しました。
木更津の龍宮城の魅力はお風呂がたくさんある事!他の鬼怒川、勝浦のスパはプールのオマケみたいなお風呂しかないので、スパのみ利用だと金のお風呂にも入れないのですが、ここ龍宮城はいろんなお風呂が楽しめるのです!
女湯は3階にあって海が一望できます。
男湯は1階で、外の景色はあまり見えなかったそうです…。
女湯からは海ほたるも見えました!

ofuro
出展:龍宮城スパホテル三日月HP

有名な金ピカのお風呂もひとりずつ入りました。
我が家はプールで遊びすぎてお風呂にゆっくり入る時間がなくなってしまったのですが、個人的にはお風呂にもゆっくり入っていただくのがオススメです。
みなさん、プール後にお風呂に来るのでお風呂の中にある水着脱水機には長蛇の列ができていました。我が家は3人分脱水したかったので申し訳ない気持ちでいっぱいに…。
お風呂も終わり帰るころにはアクアラインが混む17時を過ぎてしまっていました。

アクアラインの混む時間

アクアライン混雑のメカニズムというサイトがあるのですが、アクアラインは17時ころが混雑のピークです。我が家はこの混雑を避けるため近隣(といっても袖ケ浦まで行きましたが)で食事をとり20時頃にアクアライン入りする事にしました。
三日月さんで夕食を取っても良かったのですが、子供たちの気に入るものがなかったので外に出ました。
アウトレットも近いのでこちらのフードコートやレストランで食事をとってもいいですね。
20時ころにはアクアラインの混雑も解消されてきており、海ほたるにもそんなに待たずに入れました。
海ほたるのお土産屋さんは遅くまでやっているため買い物もでき、家族みんな満足しました。

感想

三日月さんの夏の間のお泊りは結構なお値段がしますが、日帰りだとリーズナブルに、十分楽しめました。
お泊りもしてみたいですが、子供たちは海ほたるとセットで好きなようなのでまた日帰りコースになりそうな予感です。浮き輪の持参は必須です!テントの持ち込みをしている人もいましがたそれはどうなんでしょう…?

後日、泊りがけでも訪れてみました。

他のスパホテル三日月にも訪問しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました