子供も大喜び!丸亀製麺のうどん打ち体験。

udon 体験

子供と丸亀製麺さんのうどん打ち体験に行ってきました!

まるごとまるがめ体験教室

丸亀製麺さんが社会貢献として行っている子供向けのうどん打ち体験教室です。
今回の参加費は一人1,000円。対象は5歳~小学校6年生までです。
近隣で開催している事も少なく、参加は抽選のため、なかなか当たらないんです!
しかし、我が家は幸運にも隣の市の店舗で開催するものに二回目の応募で当選することができました!
丸亀製麺さんのサイトで随時更新されているようなのでこまめにチェックしてみてください。丸亀製麺さんホームページ

参加する

開始の15分前までに店舗に出向き受付をします。
通常の開店前の時間を使って行っているため今回は8:30開始でした。
作ったうどんを食べるので朝ごはんは軽めにして向かいました。
三角巾とエプロンを各自持参します。
店舗に行くと店員さんが扉を開けて、元気に出迎えてくれてました。
受付を済ませ、参加費を支払います。
班分けがすでにされていて3~4人ごとの班になっていました。
親は子供たちとは違うテーブルから見守ります。
子供たちのテーブルにはうどん作りグッズが既に用意されていました。

udondougu
うどん作りグッズ

粉をふるう

まずは小麦粉をふるいにかけます。
班のお友達と仲良く順番にふるいを使います。
班ごとに一人ずつ店員さんが先生としてついていてくれているので親も安心です。
先生の言う事をよく聞きながら一緒に作ります。
ふるいの上で固まった小さい粉の玉もつぶして最後まで残らずふるいにかけました。

konawofuruu

水と塩をまぜる

水と塩が混ざった水をふるいにかけた粉にいれてこねていきます。
みんなで一緒にコネコネします。みんな我先にとこねます!
こねたら小さいお団子をたくさん作って、最後に大きなひとまとまりに合体させていきます。

konawokoneru

生地を踏む

みんなで大きくひとまとまりにした粉をビニール袋に入れて上からふみふみします。
これもみんなで交代でふみふみします。
「おいしくなぁれ♪おいしくなぁれ♪」とみんなで掛け声をかけながらふみふみしました。

udonwofumu
ふみふみ

生地を寝かせる

みんなでふみふみした生地を寝かせます。
体験は時間がないので15分くらい寝かしました。
通常お店で提供しているうどんは一晩寝かせているそうです。
寝かせている間に子供たちは水分補給をしたりおトイレに行ったり片付けをしたりしました。

生地を延ばす

先ほど寝かせた生地を平たく延ばしていきます。
最初はメロンパンみたいに格子の模様をつけるようにたてよこに上から押す作業を何度か繰り返してから伸ばしていきます。
これもお友達と順番こにしていきます。
どんどん薄く大きくなっていきます。

udonwonobasu
うすく平たくのばします

生地を切る

大きく平たくなった生地を三つ折りにして畳み、専用の板と包丁で切っていきます。
先生と一緒にゆっくり気をつけて切ります。
太い麺、細い麺、いろいろ混ざった麺が出来上がりました!

udonnwokiru
気を付けて切ろう。
udon
細く切れたかな?

麺を茹でる

細く切った麺を茹でます。店頭の大きな釜で 店員さんが麺を茹でてくれます。
麺を茹でている間に一緒に食べる天ぷらを選ばせてもらえるのですが、子供たちは麺を茹でるところの方が気になるようで、茹であがる麺を興味深く見ていました。
あまりに近づきすぎて「熱いからあぶないよ~」と言われていました。

udonwoyuderu
うどんを茹でてくれています。

うどんが完成!

みんなで作ったうどんが茹で上がりました!どんな味かな?

udondekiagari
ゆであがったうどん

うどんを食べる

みんなで「いただきます!」をします。
太さのそろっていない麺もまた味わい深い!
子供たちががんばって作ったうどん。親もおいしくいただきました。
食べ比べのために普段店頭で出しているうどんも茹でて出してくれました。
そして親の分も別にふるまってくれました。1,000円で親までおなか一杯になってしまっていいのでしょうか…。
みんなおなかいっぱいです。

おみやげ

なんと!おみやげ付きでした。
いただいたのは自宅でもうどんが作れるようにと小麦粉・お塩・作り方。
そして一年間いつでも釜揚げうどんが半額で食べられる「うどんのくにパスポート」
こんなにたらふくうどんを食べさせてもらった上におみやげまでこんなに貰っていいのかと思うくらいでした。

感想

子供たちもとても楽しかったと喜んでました!
大好きなうどんがどんな風に作られるのか体験できて楽しかったようです。
社会貢献活動の一環とは言え、こんなにもてなしてもらっていいのでしょうか…というくらい、丸亀製麺さんの気持ちが伝わるあたたかい体験でした。
みなさんもぜひこまめに丸亀製麺さんのホームページをチェックして応募してみてください!

後日談…うどんのくにパスポートが我が家ではとても活用されています!
貴重な体験をさせてもらった上にその後も楽しませてくれるなんて丸亀製麺さんには本当に感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました