無料で楽しめる!グリコピア・イーストの工場見学。

体験
DSC_3144

以前から気になっていたグリコピア・イーストに見学に行ってきました。

グリコピア・イーストとは

ご存知ポッキーやプリッツ、キャラメルなどを製造している食品メーカーです。
グリコピアさんは工場見学を無料で行っており、随時募集をしています。
ポッキーやプリッツの製造過程が見学でき、希望者には有料でデコポッキーも作る事ができるのです!
子供たちから見学してみたい!という要望があったので学校が振休で休みになる平日に予約してみました。

申し込みをする

グリコピア・イーストのHPにて予約をします。
3か月前の月初から予約を開始しているのですが、やっぱり土日は埋まるのが早い!
平日だと次の週でも空いている日がちらほら。
我が家は学校が平日休みになる日を狙って予約をしました。

参加の確認

参加予定日の一週間ほど前にグリコピアから予約確認のメールが届きました。
参加の可否の返信を求められています。我が家はもちろん予定通り参加で返信しました。
予約確認のメールが来るとやっぱり安心感があります。

グリコピア・イーストへ出発

グリコピア・イーストは埼玉県北本市にあります。
(グリコピア・イーストへのアクセス)
北本駅からバスで行けるようですが、バスは1時間に2本…。
我が家は車で行くことにしました。
圏央道(首都圏中央連絡自動車道)を使えば 桶川加納ICより車で約10分 。
周囲には田んぼや畑が多く背の高い建物はないのでグリコピア・イーストさん目立ちます。
敷地内に入る時に門のところで係の方が名前確認のため車まで来てくれるので、名前を申し出て受付をします。その後門の中に入れてもらえます。

グリコワゴンと出会う

見学の時間にならないと建物内には入れないので建物の前で写真を撮ったりしました。

gricowagon
グリコワゴン

建物の前にグリコワゴンがいました!
いつもいるのかと思ったら2019年8月末まで限定でグリコピア・イーストにいるようです。
みんなにワクワクを届ける活動をしているワゴンがあるなんて知らなかった!
お菓子でみんなを幸せにするだけでないなんてグリコさんすごい!

工場内へ

時間になると工場内へ入れます。時間管理は自分です。
そこでデコポッキーに参加したいか希望を聞かれますので参加する場合は参加費500円を払います。

カレッジホール

まずはカレッジホールという映像が見られる部屋へ案内されます。
ここで 「創意工夫 〜創業者 江崎利一物語〜」と、カカオがチョコレートに生まれかわるまでを描いた映像、「チョコレートができるまで」 が上映されます。
その後何チームかに分かれて見学を開始します。
私たちは「ビスコ」チームでした。

ポッキーができるまで

工場の構造上、完成→作り始めの順番で見学します。
最初は出来上がった箱がたくさん運ばれているところからです。
ポッキーのチョコの付け方は企業秘密との事で映像のみでした。

プリッツができるまで

今度はプリッツです。
プリッツは作り始め→完成の順での見学です。
長いプリッツの生地がそのまま長いオーブンの中に入っていきます。
3分ほど焼かれてオーブンを通り抜けたプリッツはいつもの長さになっていました。
この理由はぜひ工場見学で聞いてみてください♪

スタジアムホール

今度はクイズ大会です。
スタジアムホールという赤青黄色のボタンがついた機械がたくさんある部屋に案内されます。
前面のスクリーンに映像が流れクイズが出題されるのでボタンを押して答えます。
なんと優勝者には景品が用意されていました!
我が家2チームに別れましたが、残念ながらどちらもベストテンに入れませんでした。

フォトスタジオゾーン

ここでは昔のグリコ(キャラメル)の自動販売機やグリコの歴代おまけの展示、グリコマークと写真撮影ができます。
夢中になって写真を撮り忘れてしまいました…。
子供は昔の自販機が気になったようです。
グリコは昔、自販機で売っていてキャラメルを買うと映画を見る事が出来たそうです。
ここにはその昔の自販機が残っていて、10銭を入れると映画が始まり、終わると2銭のおつりとグリコが出てきます。今ではなかなか見られない「銭」の硬貨も子供たちは興味深々でした。

ミニファクトリー

ミニファクトリーで入場時に申し込みをしたデコポッキーを作ります。
子供たちもそれぞれ思うように作っていました。
私も真剣に作ってしまいました。その結果がこちらです。
2本をチョコレートでくっつけてしまったので食べ応えある1本になりました!

decopokky
デコポッキー

感想

子供たちも楽しく見学ができたようです。
今度はグリコピアCHIBAにも行きたいなんて言ってました。
グリコピアCHIBAはパピコが見られます。
お土産にはプリッツとポッキーの風船を1人1セットずついただきました!
帰りは工場の外にある売店にも寄り、グリコのお菓子をお土産に買ってきました。
個人的にはおトイレのマークが気になりました。

glicotoilet
グリコのおトイレマーク

北本トマトカレー(おまけ)

北本市は「北本トマトカレー」がイチオシです。
水織うどんはおうどんもランチもおいしくてオススメです。
ぜひグリコピアイーストお立ち寄りの際には北本トマトカレーを堪能してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました