南柏天然温泉すみれ に行ってきました。

すみれ 日帰り温泉

漫画が読めて新し目な温泉がたのしめる 南柏天然温泉すみれ に行ってきました。

出発・アクセス

南柏天然温泉すみれさんは名前には南柏とついていますが、住所は流山市にあります。
JR常磐線・南柏駅からは徒歩10分ほど。
車で訪れる場合には国道6号線の登り方面の道路沿いにあります。下り方向に向かっている場合はロピアの角で右折するとKSデンキの駐車場からすみれさんの駐車場に向かうことができます。

入場・受付

まず下駄箱に靴をしまいます。「おひとりさまで1か所をご利用ください」と注意書きが書いてあったため何でかな?と思い、カギを見てみるとICチップがついており、下駄箱の鍵が入場の手続きや館内での精算に使う鍵になっていました。
下駄箱から受付方面に進むと受付機が2台並んでおり、機械で受付を済ませます。
ICチップを機械に読み込ませると男性・女性・子供を選ぶ画面が出てきます。
その後追加でタオルなどレンタルしたいものがある場合選び、受付完了です。

お土産コーナー

受付の先すぐのところにはお土産コーナーがあります。
千葉の名産や温泉・サウナグッズ、他県の名産も売っていました。
私が気になったのはこちらの商品。お風呂グッズを入れて温泉に持ち込めて、サウナマットにもなるなんて便利な商品です。


熱風オートロウリュサウナが売りのようで、熱風マシーン?を模したおサウナハットなどお店限定商品も多種並んでいました。

お菓子やお漬物もあります。

広場

今回のお目当てのひとつ、ゆったり広場という名前の休憩所です。
ハンモックやリクライニングチェア、リラックスできそうな椅子がたくさん置いてあります。
漫画もたくさん置いてあります。漫画のラインナップは人気作が多い印象。
数か月ごとに入れ替えをおこなっているそうです。
訪れた日が休日だったため、椅子は満員でしたが、夕方の時間帯だったので食事で席を立つ人や子連れで帰られる人も多かったのでハンモック等を体験することができました。

出典:南柏天然温泉すみれHP 混雑していて写真が撮れませんでした…。

食事・飯炊処ひかり

受付・お土産コーナーを抜けると飯炊処ひかりが見えます。
座席を確保して注文口まで自分でオーダーしに行くスタイルです。
ラインナップはそば、うどん、ラーメン、カレー、丼もの、定食と多種なラインナップ。
サウナ飯と名付けられた石焼ごはんや辛いメニューもありました。
座席はテーブル、座敷、おひとり様席。スペースがゆったり目に取られており、ゆっくりご飯を楽しむことができました。

メニューを見るだけでもおいしそう…。

岩盤浴 La Viola

岩盤浴コーナーは中学生以上から入場可能。
小学生がいる我が家は入れずでした。
岩盤浴コーナーは新刊の漫画や、5種類の岩盤浴・岩盤浴利用者専用のラウンジもあり、リラックスできそうです。

温泉

お風呂はお食事処、休憩所、岩盤浴を抜けて階段を上った2階にあります。
内風呂と露天風呂があり、内風呂は源泉のぬくもりの湯、ジェットバスや絹の湯、寝ころび湯、水風呂、お土産コーナーでも記載した熱風オートロウリュサウナによもぎ泥塩サウナがあります。
どれも温度が熱くもぬるくもなく、ゆーっくり入っていられる温度です。
露天風呂は源泉かけ流しのあつ湯とくつろぎ湯、炭酸泉とうたた寝湯があります。
個人的にいいなと思ったのは炭酸泉のところにあるテレビの音声が流れていたこと。
画面のみで音声は聞こえない施設が多いですが、しっかり音声も流れていたので、炭酸泉にゆっくり浸りながらテレビを楽しむこともできました。
ゆっくり静かに入りたい人には向かないですね。

精算

帰りは出入口にある精算機でICチップごとに精算をします。
精算が済むと帰りのゲートを通るためのQRコードが印刷された紙が出てきます。
一人ずつゲートにかざして帰ります。

感想

家族みんな好感触で気に入った温泉でした。
夕方に訪れたため施設内でゆっくりする時間が短かったので、今度はもう少し早く行ってゆっくりしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました