プラバンで炭治郎のピアスを作ってみた。

tanjiro-piasu ハンドメイド

お出かけを主に投稿しているブログですが、外出自粛中のため子供のリクエストに応えてプラバンで炭治郎のピアスを作ってみました。

材料

・プラバン
今回はダイソーさんの白いプラバンを購入。1/4に縮むものを使用。
・油性ペン(黒・赤・シルバー)
こちらもダイソーさんで購入。本当はグレーのペンが欲しかったのですが、ダイソーさんにはなかったのと、外出自粛中に探し回るのもよくないのでシルバーにしました。
・マルが書ける定規
こちらもダイソーさんで購入。今回用に買ったわけではなく、別の事に使うために以前購入していました。
・カッターボード
こちらはセリアさんで購入。上に同じく以前に購入していたものです。

全部100均ですね。

作成

プラバンを切る。

1/4に縮むのと、買ったプラバンのサイズがA5だったので、3等分にして7×15(くらい)にしました。

模様を書く。

最初に上下の黒い部分を書きます。上下1㎝ずつにしました。上の線の下には円(太陽の部分)を書きます。
私は円が書ける定規を使用して書きました。定規で一番大きい円が直径36㎜だったのでその円を使用しました。
線はあとから塗りつぶすのでちょっとぐらいずれても大丈夫!

上下を塗りつぶします。

山の部分を書きます。私は下の黒い部分の上から4㎝のところに山の裾を合わせる事にしました。
円が書ける定規の円の大きさでは足りなかったので、家にあったこんにゃくラーメンの器の下の部分を使いました。
ガムテープの外周とかもいい感じの大きさかと思います。

こんな感じで合わせます。

太陽から出ている線を書きます。
私は先に垂直にかける縦と横の線を書いてから斜めの線を書いていきました。

横も縁取りをします。


太陽と山を塗って、放射線の縁とつながっているところは少し広げます。
必要であれば紐や金具を通す穴をパンチで開けます。


完成です。

プラバンを焼く。

オーブントースターで焼くのが一般的ですが、我が家にはオーブントースターはありません。
なのでIHについているオーブン機能で焼きます。
200度で予熱をしてからクッキングシートに並べてオーブンへ。
ここからは早いので焼ける様子を見守ることをお勧めします。
一度くしゅくしゅっと縮んでしまうので焦りますが、落ち着いて見守っていると、元のたいらの状態に戻っていきます。
戻ったらオーブンから取り出して雑誌などに挟みたいらに固まるようにして冷まします。

出来上がりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました