放送大学 で各教科を履修してみての個人的感想 難易度はどんな感じ?<その2>

study 放送大学

現在 放送大学 で認定心理士 が取れたらいいな…くらいのゆるい感じで心理学を中心に履修中。
3年次編入なので最短2年で卒業可能ですが、4年くらいでの卒業を目指しています。
履修した教科の個人的感想を羅列します。筆者の地頭の度合いは不明のため個人的感想です。
講師のみなさんはゆっくり話してくれているので、だいたい1.5倍速で聞き取れます。
その1もあります。

心理的アセスメント(’20)・音声授業

アセスメント=評価・査定を示す言葉。
心理学でいうアセスメントは先生によって定義が様々なようですが、検査等によるアセスメントを個別に学んでいきます。
章ごとに先生が違い、1.5倍速だとちょっと気を付けて聞かないといけない速さで話す先生もいますが、聞き取れないほど速くはないです。
テキストに載っていない説明をたくさんする章、解説をする順番がテキストのページの並びに合ってない講義もあります。(ページが大きく前後したりする章があります。)この場合、通勤電車ではメモを取るのが難しく、聴きなおしが必要になります。

教育・学校心理学(’20)・動画授業

現在中学生と小学生の子がいる筆者ですが、もう少し早くこの教科に出会いたかった。
子供達の受けている教育の授業構造だとか、動機付け、教員に必要な知識も学べます。
こちらの知識を付けたあとだと、子供への声掛けも変わってくる気がします。
実際に筆者は今まで知らずにあまり良くない声掛けをしたりしていて反省中。
授業の聞き取りは1.5倍速でもOKですが、テキストに載っていない解説も多く、メモを取りたい方はじくり座っての動画視聴がおすすめです。

社会・集団・家族心理学(’20)

1.5倍速で聞き取りOK.教科書初見でOK.
「ちょっとより道」という、過去に行われた実験などに詳しく説明してくれたり、講義内容に補足説明してくれるコーナーがあります。
よりみちが終わったあとも区切りなくそのまま講義が進んでいるため、さらっと次の項目に進んでいかれているところは迷子になってしまい、ちょっととまどう。
集団にいるとこういうことしがちだよな…と思う事が理論として書かれているので興味深かったです。

<広告>

コメント

タイトルとURLをコピーしました